プラチナカードを見せると店員の対応は良くなるのか。セゾンプラチナと本家アメプラを比較

プラチナカードは高額な年会費がネックとなり、発行するべきか悩みますよね。発行できるということは、社会的にある程度のステータスのある人の証です。人間というのは、そのステータスを他人から認めてもらいたい生き物なのではないでしょうか。本記事では、プラチナカードをもつことで店員さんの対応が変わるのかという疑問に答えます。 

そもそもプラチナカードとは 

クレジットカードにはランクがあります。 

ランクが上がれば特典も増えますが、それだけ年会費も高額になります。 

シンプルにまとめてしまうと、クレジットカードのランクは次のようになります。 

ブラック級   基本的に招待制 

  ↑ 

プラチナ級   たまに招待制のものも 

  ↑ 

ゴールド級   たまに年会費無料のものも 

  ↑ 

一般カード   基本的に年会費無料が多い 

私に関していえば、大学生のときに学生協で申し込んだ住友VISAカード(学生用)を30歳まで使い続け、それ以降もクレジットカードに年会費を払うなんて信じられませんでした。 

今は、職場の福利厚生で年会費無料のゴールドカードが発行できます。空港のラウンジとか海外旅行保険程度なら、無料のゴールドカードで事が足りてしまいます。 

ところが気が付いたらクレジットカードコレクターになってしまい、今ではカード年会費だけで数十万も支払っている状況です。 

一般的に「プラチナカード」と呼ばれるクレジットカードには次のような特徴があります。 

・年会費が数万~十数万円する 

・自分で申し込めたり、招待制だったりする 

・ゴールドカードより旅行保険が手厚い 

・プライオリティパスのようなラウンジ会員になれる 

・ホテルや航空会社の上級会員になれる 

・コンシェルジュを秘書のように使える 

・その他、カード会社ごとに様々な特典 

このような特典が得られるなら、それで満足すればいいのです。 

ところが私のような小市民は、プラチナカードを人に見せてドヤ顔したくなってしまうのです。 

「すごーい!」とか「かっこいい!」とか言ってほしいのです。 

では、実際にプラチナカードでドヤ顔できるのか検証してみます。 

実際にプラチナカードをお店で使ったときの店員さんの反応は 

私が所有するプラチナカードは2種類です。 

①セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費22,000円・税込) 

 これは「ビジネス」と銘打っていますが、個人でも申し込めるカードです。私の場合は副業で個人事業主用のカードとして使っているので、年会費は経費の扱いとしています。(以下「セゾンアメプラ」) 

②アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費143,000円・税込) 

 こちらは今でこそ申し込み制になっていますが、私が手に入れた時代は招待制でした。(以下「本家アメプラ」) 

店員さんにとってカードの特典とかは関係ないので、カードの外観について解説します。 

①セゾンアメプラ → 普通のプラスチック製。私のカードは旧デザインのため、セゾンの青緑のロゴが目立ちます。券面に英語で「PLATINUM」そして「BUSINESS」と書いてありますが、印字が薄くて目立ちません。正直なところ、シルバー色の一般カードと区別がつきません。 

②本家アメプラ → 金属製カード。大きさは普通のクレジットカードと変わりませんが、重量があります。表面にカード番号がありません。金属はマットな銀灰色で、光の反射が少なく、一瞬で重厚感が感じられます。 

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに対する店員さんの反応 

セゾンアメプラです。「プラチナ」であることに対する反応は、ほとんどありません。シルバー色の一般カードと見た目は変わらないですし、「PLATINUM」という英語表記をわざわざ読んでくれるほど店員さんもヒマではありません。 

どちらかといえば、「BUSINESS」の表記から「社長さんですか?」と聞かれることがあります。 

私は個人事業主ですので経営者ともいえますが、社長ではないので「はははは」と笑って誤魔化しています。 

ステータスはあまり感じられませんが、カードに付帯する特典には魅力的なものが多いので、所有する価値はあると思っています。 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに対する店員さんの反応 

本家アメプラです。こちらは、明らかに反応があります。 

一番多いのが支払いの際に「これは何ですか?」と聞かれることです。「クレジットカードです」と答えます。 

手渡した瞬間に落とされることもあります。重いからです。 

20代の男性店員さんですと、素直に喜んでくれる人が多い気がします。「初めて見ました」とか「恰好いいですね」とか言ってくれます。ディズニーのヒルトンでは、フロントの若い従業員たちが珍しさに集まってきました。 

若い女性は無反応です。 

年配の女性は「私はこういうの不慣れだから、ごめんねぇ」と謝ってきます。最近QRコード決済等が増えて、また新しい支払方法ができたのだと勘違いされてしまうのです。 「普通のクレジットカードです」と伝えても、どっちが表で、どっち向きに差し込むのか、ここで困ってしまう人も多いです。

トータルでは、若い男性が興味を示しますね。結局、こういうのに何かを感じること自体が男性の性なのでしょう。 

本家アメプラを見せて店の対応が良くなるのか、という点について考察します。 

ホテルではチェックインの際にカードを見せることになりますが、アメプラだから何か変わったと感じたことはありません。そもそもアメプラのおかげで、ヒルトンやマリオットのゴールド会員になれています。ゴールド会員としてのサービスは受けられますが、所詮その程度です。 ビジネスホテルで、部屋がアップグレードされるとか、ありえないです。

飲食店では、お会計のときに初めてカードを提示するので意味がありません。ですが、会計後の店員の対応が変わるのは感じます。言葉では伝えきれませんが、これは感じますね。 接し方が丁重になります。

まとめ(何のためにプラチナカードをもつのか)  

「サービスを活用すれば年会費の元は取れる」という理屈は、「食べ放題の元を取るためにカニをいっぱい食べる」のと変わりません。あまりスマートな理屈ではありません。 

年会費のせいで生活が圧迫されるようなら、プラチナカードはもたない方がいいでしょう。無料のクレジットカードでも工夫次第でかなり楽しめますから。 

私がプラチナカードをもつ大きな理由は、やっぱり見栄だと自覚しています。所有欲です。完全に自己満足の世界です。 

ホテルの上級会員ならヒルトン・ゴールド・カードで、プライオリティカードなら楽天プレミアムカードで十分なわけです。(私は両方とも所有していますが・・・) 

そもそもカードの色に頼っている時点で、一人の大人としてどうかと思うわけです。プラチナカードなど見せなくても、その人の雰囲気がかもし出す存在感。こういったもので店員の対応が変わるようでありたいですよね。 

本記事では、「プラチナカードで店員の対応は変わるか」がテーマでした。結論は、「たまに変わる」です。普段は、ほとんど変わりません。